海外での体調不良

 

世界中どこにいても体調不良から逃れることはできません。

海外でも病院はあります。

薬も調達できる。

だけど文化も違うし、飲み慣れていない薬だし

色々と戸惑ってしまいます。

長期の海外生活では必ず日本の常備薬は持参するべきです。

風邪薬くらいは簡単に閃くのですが、それ以外の細かいものまでは忘れがちですね。

 

持っていて損はないアイテムを考えていきましょう。

 

どんな常備薬が必要?

住み慣れた土地とは食生活がガラッと変わる海外生活

お腹を壊すことは簡単に想定できまね。

下痢止めは持っておくべき。

 

 

逆に環境の変化での便秘も十分に考えられます。

慣れない生活で、お腹の不調は常に付きまとうと思っておくのが無難。

胃腸薬も併せての持参が必要ですね。

たとえば・・・

ビオフェルミン
エビオス錠 
 (たくさん入っているので便利)

 

頭痛や歯痛も心配ですね。

鎮痛剤も忘れずに。

バファリン
ロキソニン
 などなど


 

 

あと、これは海外では見つからないとか・・・

口内炎の薬 あった方がいいです!

ケガをするときなんかも想定されるので

傷薬バンドエイドも必ず必要。

 

 

 

 

あたたかい国での虫刺されは深刻な問題

虫よけスプレームヒも持っておきましょう。

 

 

 

 

不意に思いつくものをピックアップしてみました。

なかなか生活を開始してみないことには想定しづらいですね。

日本では当たり前にあるものが海外では当たり前にありません。

いざ、お子様に何かあった時は、親は遠く離れた場所から心配するしかないのですから

日本から持参するものは、やりすぎ程度でちょうど良いかと思います。

まだまだ、お子様にあった必需品があるのではないでしょうか。

海外の薬は飲みにくいですよ

持っていて助かるもの

常備薬に気を取られてしまって忘れがちな必需品は数知れず…

薬箱に忍ばせておくと便利なアイテムを共有していきましょう。

綿棒

耳かき

爪切り

マスク

ポカリ粉

 

これらは使い慣れたものを探すとなると、異国では苦労するかと思われるアイテムです。

粉タイプのポカリスウェットなどは、発熱時の水分補給に役立ちます。

海外でポカリを見つけたとしても、とっても高額!

現地のスポーツドリンクも口に合うものに出会うかわかりません。

粉タイプですと、たいして荷物にならないし長持ちするし、現地でお友達が熱を出したときなどにシェアすると喜ばれますし、友情も深まりますね。

 

あと、オマケで体温計

現地にも必ずありますし必要ないとは思いますが、手元に持っているだけで安心する方は忍ばせておきましょう。

おかん
男の子なんか、やたらと熱をはかりません?

 

 

ただでさえお金が必要な海外留学

常備薬の調達は痛い出費でもありますが、不安材料は出来る限り減らして、旅立つ我が子を見送りましょう。

 

HOME

留学に選ばれるエリア